tetsu31415.log

androidなどのことを書き綴っていこうと思います。

FilpFont Managerについて

はじめに

サムスンやHTC、ASUSなどのAndroid端末の一部ではFlipFontと呼ばれるフォントパッケージ(APK)をインストールすることでシステムフォントを変更する仕組みが導入されています。(FlipFontはMonotype Imaging Inc.の登録商標です) FlipFontは有料・無料でストアで配布されています。

2014年の9月にFlipFont Managerというフォントファイル(ttfファイル)を指定して、 フォントパッケージを生成するアプリをPlayストアに公開しました。

しかし、アプリ名にFlipFontという登録商標が使われているなどの問題があり、現在Playストアでの公開はしていません。 このアプリには一定の需要があるようですので、今後野良アプリとしては提供していく予定です。

Marshmallow対応

先日、GalaxyのAndroid6.0(Marshmallow)ではFlipFont Managerで作成したフォントパッケージが利用できないとの 報告を受けたので、某氏の協力のもと、調査をし修正しました。

利用できなくなるというのは、フォント設定画面において当該のフォントを選択すると対応していませんと表示され、フォントが適用できないという現象です。 6.0へのアップデートで多くのフォントパッケージが利用できなくなりました。

iFontというアプリは、6.0以降でも使えるとのことなので実際にインストールしてみると使えました。 以前に、iFontで生成したパッケージ名はフォントごとに異なっていたのですが、現在はすべて同じになっていました。 ここが怪しいなと思い、FlipFont Managerで生成するパッケージ名もそのパッケージ名に変更してみると利用可能になりました。

というわけで、FlipFont Managerがまた、使えるようになりました。(某氏に感謝)

APK

改善すべき点はまだあるのですが、とりあえず動くようになったバージョンをおいておきます。

  • 以前インストールされていた場合は一度アンインストールしてからインストールしてください。

  • 以前インストールしたフリップフォントは設定からアンインストールしてください

  • 他のアプリとフォントのパッケージ名が重複する場合があります。

FlipFontManager-1.2.0.apk - Google ドライブ

使用は自己責任でお願いします。 OSアップデートに伴いユーザーが作成したFlipFontが適用できなくなる可能性は十分にあります。

TwemojiをAndroidで使えるようにしてみた

はじめに

先日、Twitter社が872種類の絵文字をオープンソース化し「Twemoji」としてGitHubに公開しました。

GItHubリポジトリにはWebページにTwemojiを表示させるスクリプトとTwemojiの絵文字データ(.png, .svg, .ai)が含まれています。
前者にはMITライセンスが、後者にはCC BY 4.0が適用されています。

今回はこの絵文字データを使ってAndroidで使用できる絵文字フォントを生成してみます。

カラー絵文字について

現在カラー絵文字の規格はバラバラで次のようなものがあげられます。

iOSOS Xで使われている。
sbixというテーブルを定義してPNG画像を埋め込んでいる。

Android4.4からNotoColorEmoji.ttfで使われている。
CBDT/CBLCというテーブルを定義してPNG画像を埋め込んでいる。
Appleのものとは違い、フォントのビルド方法が公開されている。

Windows8.1から使われている。
色を設定したアウトラインを重ねて描画する方式である。


今回作成するAndroidの絵文字はビルド方法がこちらに公開されており、国内携帯キャリアから4.4以降のAndroid端末ではこの方法でビルドされたカラーフォントがシステムにプリインストールされています。
例えば… auEmoji.ttf、DcmColorUniEmoji.ttf、SbmColorUniEmoji.ttf など。

環境

OS

必要なもの

OS Xに入っているpythonを使用しました。

  • FontTools

ttf(バイナリファイル)とttx(XMLファイル)を相互変換するツールです。
こちらのサイトを参考にAFDKOでインストールしました。

  • librsvg

svgを描画・変換するライブラリです。
今回、rsvg-convertコマンドを使ってsvgファイルをpngファイルに変換するために使います。
Macのパッケージ管理システム「brew」を使ってインストールします。
入っていない場合はこちらを参考にしてインストールします。

$ brew update && brew upgrade
$ brew install librsvg
$ ln -s /usr/local/bin/rsvg-convert /usr/local/bin/rsvg

参考: Converting SVG to PNG online and in your terminal | The blog of Max Glenister

その他にも必要な物があったかもしれません…

絵文字フォントの作成

Android4.4から搭載されているカラーフォント「NotoColorEmoji」のソースコード
Noto に公開されています。
Notoというのは「No Tofu(豆腐文字、すなわち□と表示される文字を取り除く)」という意味があります。
Notoはすべての言語をサポートすることを目指してGoogleオープンソースで開発しているフォントパッケージです。
そのパッケージにNotoColorEmojiが含まれています。

NotoColorEmojiのビルドはcolor_emoji フォルダに移動してmakeすると始まります。
※ これには、平面の国旗からウェーブさせた国旗画像を出力するプログラムなども含まれているのでビルドするには他にもライブラリを追加する必要がある可能性があります。(ライブラリを揃えてもなぜか自分の環境ではビルドがうまく行かなかったのでPythonコードを一部改変してなんとかビルドできました)

今回はそのような処理は必要ないので先ほどあげたライブラリでビルドができると思います。
https://code.google.com/p/color-emoji/ に3つのカラー絵文字のサンプルがあります。
FruityGirlとFunksterはPNGファイルがあるのでそれをビルドしています。
PhantomOpenEmojiはsvgで提供されているものを128x128のpngに変換してからビルドしています。
今回のTwemojiのビルドはPhantomOpenEmojiと同じようにsvgpngに変換してビルドをします。
※ Twemojiはpngでも提供されていますが16x16,36x36,72x72となっており現在必要な128x128のpngにはできないのでsvgから128x128のpngに変換します。


今回Twemojiのビルドに使用するツール一式をGitHubに上げました。
GitHub - tetsu31415/Twemoji4Android
ダウンロードした後、このディレクトリーで

$ make

するとsvgpngに変換し、Twemoji.ttfが作成されるようになっています。
また、ビルドされたttfフォントはttf/Twemoji4Android.ttfに入っているのでダウンロードしたい方はこちらからどうぞ。

注意点

  • 囲い文字や国旗表示に対応していますが数字や#が表示されません。

囲い文字とは
文字と囲いを並べることでそれを結合して一文字として扱う文字です。
同様に国旗表示も2つの国旗用アルファベットを組み合わせて1つの文字を作っています。
Android4.4と5.0のカラー絵文字を比較してみます。

f:id:tetsu31415:20141118011709p:plain

4.4では 日本の国旗が「JP」、1の囲い文字が「1□」のように表示されていますが、5.0では結合されて1つの文字になっているのがわかります。
※ちなみにAndroid4.1からのモノクロの絵文字フォントは囲い文字に対応しています。

f:id:tetsu31415:20141122010240p:plain

たとえば、1の囲い文字を使用するためには「1(U+0032)」と「囲い(U+20E3)」と「1の囲い文字(U+0032とU+20E3)」の3つの文字を定義する必要があります。
しかし、Twemojiの絵文字データには「1(U+0031)」や「囲い(U+20E3)」は存在しません。
今回は囲い文字を定義するために「1(U+0031)」や「囲い(U+20E3)」を空のグリフとして無理やり追加したので囲い文字に使っている数字(1から9および#)が表示されなくなります。予めご了承ください。

  • 4.4での表示が微妙

カラー絵文字の囲い文字・国旗表示の対応はAndroid5.0のNotoColorEmojiからですが、4.4でもこの5.0のカラー絵文字を読み込むことで囲い文字・国旗表示の対応が一応出来ました。

しかし、囲い文字・国旗が正常に表示できたのはTextView#setTypeface()で指定したときで、Android4.4の端末(LGL22)をroot化してsystemにフォントをインストールした場合は囲い文字・国旗が結合されませんでした。原因はわかっていません(詳しく調べていない)

おわりに

すこし問題点はありますが、無事TwemojiをAndroid向けのカラーフォントにビルドすることが出来ました。

なにかありましたら @tetsu31415 までお願いします。